純喫茶 すいすい

絵を描くことや
趣味の喫茶店巡りのこと。。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
企画展『魔法の森は青い湖のほとり』*作品集

【PlumTree】プロデュース第4回企画展『魔法の森は青い湖のほとり

2014年6月26日(木)〜7月14日(月)
ハイカラ雑貨店ナツメヒロ
ギャラリースペースにて
(小田急江ノ島線東林間駅 徒歩4分)
12:00〜19:00(火・水・祝休み)
(最終日7/14のみ17時まで)



明日から始まるこちらの企画展に参加させて戴きます

私の作品は 立体絵画 ガラスの小箱 額縁のアクセサリー 粘土のブローチを販売させて戴きます



立体絵画『かすみ荘』








『夜の遊園地』






『教会』




『夜のショウ』






『バレリーナオルゴール』





昔のおもちゃの指輪付きです*

『スミレ洋装店』






『鳥かご』






『サーカス』






そして以前作りかけて納得いかなかった『幻想の盆踊り』立体絵画を完成させました










何年眠らせていたか分からない『喫茶店の豆本』の立体絵画
こちらは原画を販売します






立体絵画は今回販売用の物を各1点ずつ

それから原画も全種類展示させて戴きます

原画は非売品ですが、開いたり閉じたりしてお手に取って見て戴けたら嬉しいです

また、万一販売用の立体絵画が売り切れとなった場合、お時間を1〜2ヶ月程戴きますがオーダーでお作りすることができます

その際はお店の方にご連絡先をお伝えして戴き、作品ができ次第私から発送させて戴きます

お店でのお会計となります



ガラスの小箱の作品も全て一点ものとなります
たくさんのお客様に見て戴きたいので、
会期終了後のお渡しとなります


ガラスの小箱『バレリーナとおもちゃ箱』




ガラスの小箱『白鳥の湖』




ガラスの小箱は中と小のサイズで作っていたのですが小が手に入らなくなってしまった為、両方とも中サイズです

昔のおもちゃの指輪付きで販売します


ポストカード3種類


オリジナルラベルのマッチ







ひよこを入れて撮影してますが実際は入ってません;^_^
中身はマッチの他に少しスパンコールや貝殻が入っています
リボンでラッピングして販売します



そして今回初めて挑戦した粘土のブローチ

粘土といっても絵がメインなので凝った形ではなく(凝った形は作れず)平べったい小石のような感じです

『スワン』




『魔法のステッキ』


『ラブレター』


『クリームソーダ』


『プレゼント』

猫の手を借りました

『バレリーナ 青』


『バレリーナ 茶』


『花束』


粘土のバッグチャーム『お花』

裏表絵が描いてあります



粘土のアクセサリーは900円〜1800円の値段でものによってまちまちです



昨日ハイカラ雑貨店ナツメヒロさんに作品を搬入してきました

お店の扉を開くと企画展の名前そのもの『魔法の森は青い湖のほとり』の世界が広がっている感じで、外とのギャップを不思議に感じるほど素敵なお店でした





青い壁と緑とステンドグラスの照明が他に見たことのない素敵な空間でした















旧いものと作家さんの作品が溶け込んでいる感じ
ワクワクしました

















私の作品は店内向かって左奥に置かせて戴いてます


それから額に入った原画も販売します

『明け方の月』


『傘を持つ少女』


B1キャンバスに描いた原画『すいすい』は非売品ですが飾らせて戴きました



素敵な企画展を立ち上げてくださった【PlumTree】のツルカワさんのブログで紹介して戴きました→


そしてハイカラ雑貨店ナツメヒロさんへの行き方はこちらです→


13人の作家さんの作品が集まる『魔法の森は青い湖のほとり』たくさんのお客様が見に来てくださったら嬉しいです*



| 作品展 | 20:24 | comments(4) | |
立体絵画 かすみ荘 と幼い頃の思い出

私は幼い頃田舎まちに住んでいて、木造の小さな一軒家で育ちました。

小さい頃の自分にはとても広く見える庭があり、植物の好きな父が 食べられる赤い木の実をとってくれたり、庭に生えている山菜を母が天麩羅にしたりしていました。

食べられる赤い木の実は今でも甘酸っぱい味を覚えていて、なんという名前の植物だったのだろう‥またいつか食べたいなんて時々思い出したりします。

家の近所には畑があって秋になると案山子が立っていました。
子供の頃見た案山子はなんだか怖くて、でも凄く気になる存在で、なんて不思議で魅力的なんだろうとワクワクしながら眺めていた記憶があります。

近所の家も木造やトタンでできた家が多く、たまに夜中に隣の家の物音が聞こえてきたり、石焼き芋のおじさんの声が聞こえてきたりすると自分の家にいるのに現実離れした気持ちになったりしました。

確か三歳までその田舎の街に住んでいたのでそれは三歳までの朧げな記憶ですが、今でもその頃の空気感、季節の風、草木の香り、家々の質感などを思い出すとキュンと胸が締め付けられて切ない懐かしさがこみ上げてきたりします。

そんな気持ちを絵で表現してみたいと思い、半年くらい前から模索していました。

それには一つの家だけではない集合住宅のアパートの絵を描いて、人々のそれぞれの生活を描いてみよう。

そして生活の昼と夜を絵の扉を開く事で表現してみようと思いました。

ざっと鉛筆で描いたのが扉を閉めたところ夜のアパート。


扉を開けると昼のアパート


このスケッチを描くまでずっとどんな風にこの感覚を表現できるか、悶々と考えており、完成までに費やした時間を考えたら半年くらいかかったのかもしれません。

これを木とキャンバス、継ぎ目には蝶番を使って扉を作りました。


手前にあるのは以前描いた洋装店の立体絵画。
大きさでいうと四倍ほどあるかもしれません。

そこに中央の画面から4世帯の人々の生活を描いてゆきました。

左上の家


左下の家


右上の家


右下の家


自分の中でそれぞれの家の家族構成やシチュエーション、趣味などを想像して描きました。

そしてこの立体絵画には本物の生地で作った洗濯物と布団を吊るそうと思っていました。



ハギレを切って色を塗ってGパン風にしたり、タオルは本物のタオルを切ってミニタオルに。



布団は昔こんな布団が家にあったなあと思い出しながら細かいレースなどを貼り合わせ模様を描きました。

扉部分の絵はベランダ側の昼の様子。


中央の絵は家の中の様子を描き、扉の絵は視点を変えてベランダ側から同じ時間を描いてみました。

アパートの名前は「かすみ荘」にしました。


左扉の絵
物干し竿をかける竹の衝立てには糸で作った物干し竿をかけます。



布団の下にあった絵はめくり上げて見てもらえたらいいなぁと思いながら描きました。

そして扉を閉じた部分、夜のアパート。
左上の家


右上の家


右下の家

左下の家


夜のアパート全体


開いたところ、昼のアパート


いつもよりサイズは大きいけれど描いている絵は今迄で一番細かいです。

夜のアパートは徹夜で描き上げました。

こちらの作品を来月、二見書房から発売される「夢みるかわいい手づくり雑貨」の本に掲載させて戴きます。


それから昨日2月1日から渋谷西武百貨店A館7階の手芸フロア“サンイデー”「くりくりテーブルマルシェ」で展示させていただいています。

開催日時は2月1日(金)から28日(木)

平日10時から21時/日曜祭日10時から20時です。

アパート「かすみ荘」の立体絵画以外にも、立体絵画やアクセサリーを販売させて戴きます。


| 作品展 | 17:38 | comments(1) | |
千の雑貨のクリスマス

以前も作品を掲載させて戴いた『千の雑貨の本』の最新号の出版を記念して、千の雑貨のクリスマスという作品展に参加します。

渋谷西武デパート7Fサンイデーにて12月18日から25日まで開催されます。



今回販売する予定の作品は小さな立体絵画6点と




額縁のアクセサリー数点




新作のガラスの小箱の作品『バレリーナ』




『小鳥と木の実』

硝子の箱にアクリル絵の具で絵を描きました。

底の部分に色を塗り箱の中の底に星や雲の絵を描いて、一枚のガラスで立体感を出しました。

さらに蓋の裏側に絵を描きました。


たくさんの方の目に触れられたら嬉しいです。

千の雑貨のクリスマスのイベント限定で、ガラスの小箱と立体絵画をお買い上げのお客さまにおもちゃの指輪をプレゼントします☆

| 作品展 | 23:02 | comments(0) | |
京都のくりくり展

8月に東京神保町で開催したくりくり展♯8が終了し、
10月6日(土)から14日(日)まで今度は京都でくりくり展が始まります。

時間は12時から17時。
会場は京都西陣の“トトロの森”の奥の洋館風ギャラリー 遊空間・uというところです。
ツアーの事も書いてありますが、ギャラリーの詳細こちらにもあります。
近くにはちはちという美味しいパンの素敵なカフェもあるそうです。



私の作品は小さな立体絵画6点とアクセサリーを販売する予定です。
立体絵画はマッチ箱より一回り大きい位のサイズです。
素材は木と紙を使っています。




「鳥かご」



「夜のショウ★」



「教会」






「サーカス」




「洋装店」




「バレリーナのオルゴール」



以上が小さな立体絵画です。



そして、こちらは小さな額縁のアクセサリー。
一つ一つ手描きで絵を描いて木を切ってフレームを作っています。
オリジナルデザインのチェーンと組み合わせてみました。

写真は新作のアクセサリーです。



「小鳥と木の実」

※こちらの写真には絵の上に黄色いお花のパーツが着いていませんが、後から付けたしたのでデザインはアクセサリー4点を写した黄色いパーツ付きの物になります。

オレンジ色のリボンのパーツはリボンを切って、ほつれないようにまわりを硬めて中心を刺繍糸で飾った手作りのパーツです。


「スワン」

こちらのチェーンは銀のチェーンで要所に星やボールなどのゴールドパーツを散りばめてみました。

白とオーロラ色の小花は、お花の真ん中の軸の部分を、
白はオーロラのクリスタルを入れて、
オーロラの花はゴールドの軸を入れて作ってみました。

写真は絵の上にそのお花二つですが、
後から淡い黄色い小花も付け足して少し華やかにしてみました。

白鳥の色と合わせて淡水パールを使っています。
パールの下には小さな金と銀の星が揺れます。

後ろの留め具の先端の部分にも小花を使い、淡水パールを葉っぱに見たててみました。

「パレード」

楽しいけれど何処か淋しいような夜のパレードをイメージして作りました。

絵の上にホルンと小さな星が揺れます。


虹色のクリスタルが細かくキラキラ光ります。
その下にこちらも金銀の小さな星を揺れるように付けてみました。


「雨の日」バックチャーム

金平糖と小花のビーズを使って砂糖菓子の様なアクセサリーを作りました。
鞄につけるアクセサリーです。



それ以外にもブローチ、チョーカー、キーホルダーなどいくつか販売する予定です。
額縁は切手位のサイズで、全て一点ものになります。

京都のくりくり展私意外にも沢山の素敵な雑貨やお洋服があります。

お近くにお住まいの方見に来てくださると嬉しいです。



補足 手作りマッチ箱も5つ販売します。



| 作品展 | 13:10 | comments(0) | |
くりくり展に参加します☆

8月24日から30日神保町spinギャラリーで開催されるくりくり展に参加することになりました。

くりくり展は作品をお取り扱い戴いているお店AMULETが年に一度開催している展覧会です。

参加するのは新規の作家さんが殆どなのですが、今年は東京と京都で行われると聞き応募しました。

京都でのくりくり展は秋に行われる予定です。

神保町のspinギャラリーは以前個展をさせて戴いたこともあり思い出深い場所です。

そして私が自分の絵をお店に置いてもらったり作品展をするきっかけとなったのはくりくり展が始まりです。

今回参加者が多く一人当たりのスペースが小さいようですが、色んな思いもあり頑張って作ろうと思っております。

小さな立体絵画と手づくりマッチ箱を出品する予定です。






それから雑誌くりくりNo.11も発売されております。

私の作品もちょこっと紹介して戴いています。



くりくりという雑誌も思い入れがあり、以前AMULETで働いていた時に編集(雑用)やモデルのお手伝いをしていたので発売されてとても嬉しいです。


あとOZマガジン7月号の目次のページに私の作品を掲載して戴いておりました。



名前などは書いてありませんが、嬉しかったです。


あと一ヶ月暑さに負けず頑張りたいと思います。
| 作品展 | 19:21 | comments(0) | |
 1/1 PAGES 



MASTER
CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
OTHERS