純喫茶 すいすい

絵を描くことや
趣味の喫茶店巡りのこと。。
<< 京都のくりくり展 | main | 京都の思い出*二日目*くりくり展 ゆすらご 静香 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
京都の思い出 *一日目*築地 ソワレ

先日、京都で開催されるくりくり展に行くという理由で京都旅行に行ってきました。

京都には母が亡くなった後、一人旅で行った事もあり私にとって特別な思い出深い場所でした。



京都タワー、昔は懐かしいお土産物が沢山あったそうですがやっぱり新しい物に入れ替わっていてちょっと残念でした。

でも階段や建物の造りは旧くモダンで懐かしい雰囲気が残っていました。

京都駅から寄り道しながらゆっくり歩き、四条河原町の方に向かいました。


このぼんぼりの絵がとても好きです。

まずは河原町の老舗の喫茶店「築地」へ。

入り口の綺麗な色のタイル。

こちらの珈琲と言えばウインナー珈琲のことで、ふわふわに泡立てられたクリームとティースプーンに二つのせられた角砂糖が印象的。

私は赤いチェリーが可愛らしいバニラのムースも戴きました。
熱い珈琲と一緒に食べるとさっと口の中で溶けてなくなりとっても美味しかったです。


大きな柱時計。


二階には窓があり、外の道が眺められました。

カラフルなランプが下がっていました。



築地 つきじ
京都府京都市中京区河原町通四条上ル一筋目東入ル
11:00〜23:00 不定休
075-221-1053



築地を後にして、街を散策しました。
お香のお店、沢山の和紙を扱うお店。
素敵な照明を売っている電気屋さん。

喫茶スマート、ここにも入りたかった。

ショーウィンドウに飾られた珈琲カップの絵が素敵でした。


夜「ソワレ」に行くと決めてきたので、再び河原町の方へ戻りました。
夕方から夜の時間が短い季節。
過ごしやすいけど時が経つのが早い気がして少し寂しい気がします。






千鳥の提灯にステンドグラス。
千鳥が好きなのでワクワクしました。


フランソアにも入りたかったけど、ソワレに行くので今回は断念しました。


あかりの灯る夜の街を歩くのはすごく綺麗で、お酒も飲んでいないのに何故かフワフワした気持ちになります。

虹色に光る窓を見つけて、何だろうと思い近寄ると

外の光を反射して映しているだけでした。
けれどずっと見ていたいくらい綺麗な色で不思議な気持ちになりました。


深海のようにひっそりとした無音の青い空間の「ソワレ」には夜に訪れたいといつも思います。

初めての京都一人旅の夜もここに訪れてゼリィポンチを戴いた思い出があります。

東郷青児の絵となんてマッチしているのだろう。


青い光の漏れる入り口の扉

広がる青の世界



魅惑のゼリィポンチ

こちらはカラフルなゼリィが引き立つヨーグルトポンチ



ソワレではあえてBGMをかけないで、お客さんのひそひそ話す声がお店のBGMなのだとか‥昔誰かに聞いた事があります。

喫茶ソワレ
京都市下京区西木屋町通四条上ル
営業時間 12:00〜22:30 月曜定休



ソワレを出ると、昼間見たぼんぼりに明かりが灯っていました。
川添いに等間隔に続く絵のある光。




河原町の街並みを暫く歩いて、名残惜しいけどチェックインの時間が近づいてきたのでお宿へ‥

泊まったのは西陣のくりくり展会場の近く、まくやさん。

築70年の古民家を綺麗に改築したゲストハウスで繁華街の京都の風情とはまた違った落ち着いた雰囲気を感じました。





宿近くの居酒屋で一杯呑んで食事を済ませ、シャワーを浴びてひそひそ夜話。
京都一日目はこんな一日でした。

| 旅行 | 14:48 | comments(0) | |
スポンサーサイト

| - | 14:48 | - | |
WRITE










MASTER
CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
OTHERS